FXは値動きの予測で利益を出そう

FXでは購入した外貨の値段の上下をチェックします。できるだけ安く買って、高く売る、この繰り返しを行うことでFXの利益が出るような仕組みとなっているのです。この値動きは、入門者でも比較的利用しやすいと言われるテクニカル分析と、ニュースを勉強するファンダメンタル分析に分かれているそうです。


FXのテクニカル分析は専門知識がいらない

テクニカル分析とは過去の値動きの例などを参考に、通貨の今後を予想するものです。値段が動かない通貨はありませんし、どのような外貨も値段が上がったり下がったりするものです。そこで過去にどのような動きをしたか、というのを1分から長い場合には年単位で分析していくそうです。過去のデータにない事件などでは対応できないのがネックになるそうです。


勉強を欠かせないファンダメンタル分析

過去のデータがないと対応できないことが落とし穴となるテクニカル分析と違い、ファンダメンタル分析は勉強を常に行う必要はありますが、情勢などから外貨の動きを予想します。政治にまつわることや災害や事故などはもちろん、その外貨に関連のあるニュースなどを参考にするそうです。FX業者の中にはこのような勉強会を行う会社もあるそうです。