FXは慎重すぎるくらいがちょうど良い

入門でも初心者でも上級者でも、FXは慎重すぎるくらいがちょうど良いです。
自動的にロスカットを行う機能があるにせよ、そこまで赤字になってしまうとその分の黒字を戻すのはとても大変だからです。
それほど取り戻すのが大変な赤字にたった数秒で落っこちてしまう可能性を考えると、取引は慎重に行うべきでしょう。


FX入門が騙されてしまいがちなこと

FX入門の方は取引に慣れていないため、赤字は避けられないことがほとんどです。
赤字で弱っているときにおそらく「FX 勝ち方」のような検索をして、なんとか利益を出そうと焦ってしまうと正常な判断ができていないことがあります。
そんな時に入門の皆様が騙されてしまうのが、「必勝」や「絶対」といった言葉です。
冷静に考えればわかると思いますが、そんな言葉を信用してはいけません。
気が滅入った時は、20分以上離れるなどして落ち着くまで情報を入れないようにしましょう。


予測をする時は基本慎重たまに大胆

かといって、ずっとスローペースで取引をやるべきといっているわけではありません。
基本的な取引は慎重にするべきで、情報と分析がともなった確かな予測には大胆にいくこともアリです。
大胆にとはいっても、失敗したら自分の生活が傾いてしまうような取引は行わないでくださいね。